スポンサードリンク

あがり症を克服するには意識を変えること!

私は成人してからは極度のあがり症で苦しんでき
ましたが、やはりどんな場面でも喋る時に少しでも
自分を落ち着かせることが大切な対策な一つに
繋がります。

 

 

 

あがり症の人は緊張するといつもよりも息苦しく感じる
人がほとんどだと思います。緊張により心拍数が
あがり呼吸が乱れるからです。

 

呼吸は深くゆっくりと吸い込む事でまず早くなっている
脈を落ち着かせる効果があります。そうする事により
気持ちがリラックスしてきます。

 

実はあがり症は病気ではありません。あがり症を克服
するとい意識を少し変えることによって解消する事が
できる事があります。

 

一番は精神的な不安が一番の要因なので自分が
人前で喋ることに自信を持つことが大切になります。

 

一度とてもうまくできたり、人に上手だったねなどと
褒められることにより自分への自信に繋がりだんだん
改善している事があります。

 

しかし、あがり症の人は、うまくスピーチができたと思う
ほどの経験がない人がほとんどでしょう。そこが緊張
するのは自分だけではなくみんな同じだと思う事です。

 

私の場合には声が震えるのが症状でそれにより人前
で発言をした時に緊張しているのではと悟られること
が本当に嫌で、それがさらに悪化させる原因でしたが

 

少人数でも人前で話すのがとても苦手で、仕事上
少人数の前で研修などで話さなくてはいけない機会
が増え、最初の時よりは今は少人数の前で話す事
には自信を持つことができるようになった気がしまう。

 

そして普段から自分が心がけているのはゆっくりと
大きな声で話す事を心がけるようにしています、
そうする事により暗示のようなもので自分が落ち着
いてうまくいった過去の経験を思い出せるからです。
やはり経験を沢山する事もあがり症対策なのだと
感じました。

スポンサードリンク