スポンサードリンク

あがり症で赤面症の多汗症

あがり症の人でも他人から見ればさほどそのあがり具合
が分からない人もますが、これが赤面していれば明らか
に周りからも察することができるでしょう。

 

 

私の場合は、あがり症なうえにに赤面症で更に
顔や手に滝の様に汗が流れてくるという重度で
病的なあがり症であります。

 

汗というのはかなり厄介なもので仕事の関係で、
取引先の業者さんと話す機会などで、

 

別に悪いことをしているわけでもないのに真冬でも
顔中からというより頭の毛穴から汗がしたたり
落ちてくる。

 

1月、2月の寒い時期でも、上着を羽織ることを
避けて、薄着で過ごすしてきました。
体にはとても悪いと思いながら、、、

 

一生懸命説明に熱が入れば入るほど、汗は流れて
きて取引先の業者さんは私の顔ばかりが
気になる様子。

 

あがり症・赤面症・多汗症もうこれ以上ないくらい
の苦痛が私を苦しめる。

 

 

これは意識すればする程、赤面は激しくなるもので
して会議など多くの目にさらされる時だけなら

 

まだしもコンビニでお釣りを受取る時、牛丼屋で隣に
座られた時、公衆トイレの小の時隣に来られた時、

 

車を運転中に二車線の道路で横に並ばれた時と
ほとんど病的な域ではないかといつも自分と葛藤
して生きてきました。

 

又、時としてこの赤面症は社会生活においても不利な
立場に置かれることも多く、仕事上のミスもこの赤面症
により周りの懐疑心を増幅させる。

 

「赤面する=怪しい」という状況。怪しむ方の心理も
当然の事であり、人は何かを隠そうと焦るから心臓が

 

ドキドキして血が登り赤面するのが一般的と思う人
もいるでしょう。

 

でも、自分があがり症ということもあり他の人の顔色を
観察していると。

 

普段はまったく緊張していないような人でも、ミスを
した時には顔が赤面するのをよく見かけるのです。

 

赤面症や多汗症にはマイナス思考は症状を悪化す
るだけです。マイナス思考はいろいろと浮かんできます。

 

例えば、「若い女性ならまだしも、40過ぎた人が赤面するのだから
考えてみれば気色悪い」

 

こんな考えを持っていても何も改善されないと
わかったのです。

 

赤面症や多汗症な自分は心は弱いが、人よりも
愛嬌がある! 

 

こんな風に思ったりして生きています。

スポンサードリンク