スポンサードリンク

プラス思考に考えることの重要性

プラス思考に考えることは大事です。人は弱いものでちょっとした
ことで落ち込んだりしてしまいます。

 

 

大勢の前でスピーチを行ったり、プレゼンテーションを行う事は誰でも
少しは緊張するのが普通です。あがり症と言うのは程度の問題で、
心臓の鼓動が早くなったりする緊張は人間である以上誰にでも
 起こる事です。

 

あがり症の人は自意識過剰な面が有ると考えられます。あがり症の
人の心理の特徴として、他の人からどの様に見られているのかを意識
し過ぎたり、上手く話さなくてはいけないなどと過度に自分にプレッシャー
を掛け過ぎている為に、手が震えて動きがぎこちなくなったり、
言動が支離滅裂になってしまいます。

 

とりわけ上手に話そうとか、かっこ良く話そうと思う事が間違いで、口下手
だったとしても熱意が有れば相手にはちゃんと伝わります。余り余計な事は
考えずに、リラックスして話した方が聞いている方もリラックスして聞いてくれます。

 

 

良く相手は自分の鏡で有ると例えが有りますが、確かにそれは事実で、自分
の感情などは相手に何も言わなくても伝わり易いものです。家族や親しい友人
と同じ様な感覚で話す感じで良いのです。聴衆を相手に話をする場合には、
たくさんの人の視線が集中してあがり易くなります。

 

これは多くの人に見られている事を恐怖に感じるからです。大人数の前で話を
する時には視線はあちこちにしないで、1人の人に話し掛ける様なつもりで話を
すると良い場合が有ります。結局の所はあがり症対策は慣れの部分が大きいです。

 

経験を積んで慣れるまで行えば、自分に自信が付いてあがる事を
プラス思考に考える事が出来る様になります。

スポンサードリンク

プラス思考に考えることの重要性記事一覧

プラス思考に考えることの重要性

プラス思考に考えることは大事です。人は弱いものでちょっとしたことで落ち込んだりしてしまいます。大勢の前でスピーチを行ったり、プレゼンテーションを行う事は誰でも少しは緊張するのが普通です。あがり症と言うのは程度の問題で、心臓の鼓動が早くなったりする緊張は人間である以上誰にでも 起こる事です。あがり症の...

≫続きを読む