スポンサードリンク

あがり症対策に努力は必要でしょうか?

皆さんの中で、面接や会議などの発言する場で極度に緊張してあがってしまった
経験がある人はいますか。

 

 

あがってしまうと、手の震えが収まらなかったり、顔が真っ赤になって
しまったりと恥ずかしい思いをしてしまいます。では、

 

そもそもなぜ人はあがってしまうのでしょうか。それは、周囲と同じでなくては
ならないという強迫観念が、子供のときから心に根付いているからです。

 

他人と違うことをするのは恥ずかしいことだという心理から、人前に出て目立つことを
恥ずかしく感じる心が生まれるというわけです。

 

また、今までの経験や体験、心理状態も大きく関係しています。過去に体験した
ネガティブなことが強烈だったり、何度も繰り返すことによって、結果、あがり症に
なってしまうのです。

 

長い人生の中で人前で失敗したり、恥ずかしい思いをしたりを積み重ねてしまう
と心の中に巨大なトラウマが作られてしまい、もう自分では心の制御が出来ない
状態になってしまいますね、私たち、あがり症になった経験がある人は痛い程に
わかりますね。

 

人前でドキドキするなと心に命令しても心は言う事を聞いてくれません。
人前で汗よ出るな!と心に命令しても汗は止まるどころか汗は勢いを
増して全身から湧き出してきます。

 

では、あがり症対策としてどうすればいいのでしょうか。会社というものは何かと
人前で意見を述べたりする機会が多いものです。

 

そして、会社にもいろいろとあり、社員全員がスピーチをやらないといけないという
スピーチからは、絶対に逃れられない場合は、ひたすらスピーチを練習して慣れま
しょう。

 

人は慣れていない事には必要以上に難しく考えてしまいます。1年間の間に1回も
スピーチをしなかった人と毎月数回スピーチをした人を比べたら、大きな差が出ると
思います。

 

ぶっつけ本番でやるというのもありでしょうが、緊張してしまいつらいと思うので自宅で
練習をするのが良いです。

 

ICレコーダーを使いスピーチの声を録音して聞きましょう。何度も録音しましょう、
100回もすれば練習しないよりは必ずスピーチがうまくなっているはずです。

 

家の人に聞かれてしまう環境ならば恥ずかしでしょうが、その方がより練習に
なります。

 

そして、いざスピーチ本番では、心理的なことから変える必要があります。
「あがらないようにしよう」などの言葉は一切思わないでください。

 

「あがることはよいことでもある」と考えたほうが、気持ち的に楽になれます。
緊張や不安を感じて当然と受け止めることが、あがり症改善の第一歩
となります。そして、自分が他人からどう思われるのか気にしすぎるのはよくな
いです。

 

意識しすぎると、さらに苦しくなり悪化させてしまうことになります。自分が気に
するほど、他人は自分のことを見てはいないと考えるようにしましょう。

 

上記のことを参考にして、人前に出ても緊張する事の何が悪いのだ!と開き直って
話せるようにしましょう。

スポンサードリンク

あがり症対策に努力は必要でしょうか?記事一覧

あがり症対策に努力は必要でしょうか?

皆さんの中で、面接や会議などの発言する場で極度に緊張してあがってしまった経験がある人はいますか。あがってしまうと、手の震えが収まらなかったり、顔が真っ赤になってしまったりと恥ずかしい思いをしてしまいます。では、そもそもなぜ人はあがってしまうのでしょうか。それは、周囲と同じでなくてはならないという強迫...

≫続きを読む