スポンサードリンク

あがり症対策と改善方法

あがり症には様々な症状があり、その度合いは人それ
ぞれです。

 

 

あがり症でよく見られる症状といえば、顔が赤くなったり、
汗が多量に出たり、心臓がバクバクしたり、声が震える
など様々です。

 

一般的にあがり症の症状が出る共通点は、人前での
スピーチ・会議や試験などの重要な場面・
異性などがあげられます。

 

あがり症を改善するには「どうしてあがってしまうのか…」
を分析する必要があります。自分があがってしまう
状況を想像し、その状況に慣れるようにイメージ
トレーニングをすることが必要です。

 

あがり症対策として@腹式呼吸腹式呼吸をする
ことにより落ち着いてリラックスできるので、心に
余裕を持つことができます。あがり症で不安定に
なっているときは、呼吸が浅くなる傾向があります。

 

呼吸をコントロールし酸素を十分に取り入れること
で、症状を緩和してくれる働きがあります。
A人の評価を気にしすぎないあがり症の人は他人
の評価を気にしすぎる傾向があります。変に思われ
ないようにしなくては…こんな風にしたら軽蔑されて

 

しまう…失敗しないように…など他人からどう思われ
ているのか、どう見られているのかが気になって
しまうことで、自分にプレッシャーをかけてしまって
います。

 

Bイメージトレーニングあがり症の人は人前で話す
とき、上手く話そう、カッコ良くみせようと力が入って
しまう傾向があります。

 

スピーチなどをする場合は、イメージトレーニングを
するといいでしょう。イメージトレーニングをすることで
頭にも入りやすく、人前で話すという緊張の場にも
慣れることができ、本番でも比較的リラックスして
話しをすることができます。

 

あがり症を克服するには、
焦らずゆっくり改善していくことが大切です。

スポンサードリンク