スポンサードリンク

カウンセリングに通い始めて、あがり症が悪化しました。

私は、「あがり症を絶対に治したい」という気持ちで自分からカウンセリングルーム
探して、電話をして予約を取り行きました。最初の日はかなり緊張しました。でも、

 

 

この先にはあがり症を克服する未来が待っているという期待もすごくありました。そして
緊張しながらも一回目のカウンセリングを終え、二回目の予約を取って帰宅したので

 

すが、その後の生活には思いがけない事が起こりました。少しでも良くなるはずの、
あがり症が悪化したのです。数か月は悪化が続きました。何故でしょう? 人生の中で
初めてカウンセリングを受けるという事が私にとっては極度の緊張であり、それが強いスト
レス状態を招いてしまったからです。あがり症というのは、個人差もありますが極度の緊張

 

状態が続くと症状が悪化してしまうのです。これは自身が経験者で
なければわからない事です。もしくは、あがり症の人でも実感が
ない方もいると思いますが、ほとんどの人は当てはまるのでは
ないかと思います。

 

私の場合は、カウンセリングルームの時だけでなく、会社の研修
で普段と違う環境での仕事が続いた時やパソコン教室に
通い始めた時など今までで多くの機会で同じ経験をしてきました。

 

ですので、初めの頃は「なんで?」という理解できないいう恐怖
に怯えていましたが、経験を重ねる度に「なんだ、またか」と思え
るようになり、そのちに落ち着いてくるから大丈夫だろうと考える
事が出来るようになりました。

 

あがり症を薬で克服してしまったというラッキーな方も
中にはいるかもしれませんがそんな方でも薬だけで治したという
ことは決してないと思います。

 

あがり症を改善させていくにはやはりいろいろな面
から進めていくべきです。あがり症対策の
具体的な方法
もやるべきと思います。

 

そして並行して自分の症状の癖をつかんでいくのも重要です。
その結果として、あがり症改善がいてくると思います。

スポンサードリンク