スポンサードリンク

どこでも誰でも簡単にできるあがり症対策

あがり症対策として有名なことは「人という字を手のひらに書いて3人
のみこむこと」といわれています。

 

 

誰しも試したことがあるこの対策ですが、その効果を聞いたことはありません。
そんなことがどうして効果があるのと疑問に思わせることで緊張をほぐれていく
ことはあるでしょう。

 

何か大切なことを発表する前や、人前に立たなくてはいけないときは緊張
するものです。あがり症の人は口の中がカラカラに渇いてきて、お腹が痛く
なる人もいます。

 

あがり症のひとのそのような症状は、自律神経が不安定になっていることが
原因といわれます。

 

自律神経は、人間が生きていく上で自分の意志とは関係なく体内の働きを
司る神経のことで、強いストレスを感じたときは、この自律神経が不安定になり、
体のなかのあらゆぶ部位で不具合が生じてきます。

 

この自律神経を正常に戻すことが、あがり症対策で大切なことです。緊張を
解きほぐすために大切なことは、呼吸を整えることが大切です。

 

深い深呼吸を繰り返して、新鮮な酸素を体いっぱいに送り込みます。
深呼吸を繰り返すことで呼吸のリズムが整い、浮き立つ体も自然とおさ
まってきます。

 

また新鮮な酸素が体中をめぐることで自律神経が安定して働くようになります。
深呼吸をするときは、鼻から息をすって口から息を出します。

 

吸う息よりも吐く息のほうを倍くらい長くかけて行ないます。息を吐ききったら、
自然と息を吸い込むように人間の体はできているので、吐く息が長いほど、
深い深呼吸へと導くことができ、緊張状態が自然とほぐれていきます。

スポンサードリンク