スポンサードリンク

面接にいけませんでした

皆さんは面接にいけないという経験
はありますか?

 

 

「私はあります。」たぶん何度もあった事なんで
しょうが、、、

 

記憶に鮮明に残っているのはもう20年以上も
前のことです18か19歳の少年時代です。
働き始めた頃で、職を転々といていました。

 

職業安定所に行って面接を受けたい会社を
決めて、面接の申し込みをしてもらって会社
の前までは行くのですが、、、

 

外から会社の事務所の様子を見ているうちに
行くのが嫌になってしまい。

 

さんざん悩んだ挙句に行かないで帰ってしまう
という「苦渋の決断をしてしまいました」

 

この時の心境は「自分が情けなくてしょうがない」と
いう事と職業安定所や両親になんて言い訳をすれ
ばいいのかと「絶望的な気持ちだった」のを覚えて
います。

 

ではなぜこうなってしまったのでしょうか、面接で
アガってしまうことへの恐怖から行く事ができな
かったからでしょうか、その理由だけで約束の
面接をすっぽかしてしまう人はそうはいないと
思います。

 

面接でアガってしまうというのは誰でもあると
思います、というかアガらない人を探すほうが
難しいでしょうね。

 

しかし当時の私は、あがり症が生活に悪影響
を及ぼしてしまう、社会不安障害を発症して
しまっていたと思います。

 

会社の事務所ではつらつと仕事をする社員の
人を見て「自分みたいなレベルの低い者」が
行ったら馬鹿にさせたり冷たくされるのではない
かいう恐怖に自分の心が支配されてしまって
いたのかと思います。

 

 

「自分に自信がない」からでしょうね。まだ、自分
が病気なんだという認識もなかったので当然です
が心療内科などの病院にも通っていなかったので
薬を飲んでもいません。

 

でも今は、というか昔からあったんでしょうが、一
時的に不安や緊張を抑える薬があります。

 

こういった機会ではどんどん利用したほうがいい
と思います。

 

それで面接を乗り切れることができればそっちの
ほうが自分の心を傷つけるよりはいいと思います。

 

もし、それで就職することができたら、自分が
あがり症や社会不安障害ということを隠して

 

会社に入ったことになり、今度はひたすらそれ
を隠さなければならないことになりますが、

 

それはゆっくりと打ち明けていけば良い事では
ないでしょうか、面接の時に自分の病気を打ち
明けることができるような勇気のある人はいない
と思います。

 

私の経験では、抗うつ薬を長期的に服用して、
あがり症を治すということは出来ないと思いますが、

 

抗不安薬という一時的に緊張や不安を和らげる
薬をうまく使うことは良いと思いますし、その助け
なしで、あがり症を改善するというほうが、無理が
あると思います。参考にいて頂ければ幸いです。

スポンサードリンク