スポンサードリンク

簡単にできるあがり症対策とは

ビジネスマンとして働いていると、大勢の人の前での
プレゼンテーションなどをする機会がよくあります。

 

 

大勢の聴衆がいなくても、数人の会議でのプレゼン
テーションは誰しもが一度は経験するものです。

 

そして、そのような時に緊張してしまいうまく話せ
ないという悩みを抱えている人がいます。

 

そのようなあがり症の人はたくさんいます。むしろ、
緊張することなくプレゼンテーションができる人の
方が少ないのです。

 

では、そのあがり症はどのように克服すれば良い
のでしょうか。

 

今回はそのポイントについてご紹介します。まず、
自分があがり症であるということを自覚すること
からあがり症対策は始まります。

 

あがり症であるということを忘れようとしてしまえば
してしまうほど、あがり症ということが自分の中で
クローズアップされてしまいます。

 

したがって、自分はあがり症であるということを意識
すれば、あがり症であるということを逆に忘れる
ことができるのです。

 

それがあがり症対策の第一歩となります。次に、
具体的な対策を見ていきます。

 

自分があがり症であるということを意識したら、
どのような場面であがってしまうのかを客観的
に検証します。

 

客観的ということがとても大切になります。自分
ではなく、もうひとりの自分を設定してあくまでも
違う人を見るような感覚で自分を検証して
いきます。

 

すると、どのような場面でどのようなあがり方を
しているのかがわかります。

 

それがわかれば、自然と落ち着くことができて
あがることはなくなっていきます。

スポンサードリンク