スポンサードリンク

評論家になってはいけない!

あがり症の人は趣味がない人が多いそうですが、
確かにそのような気がします。というより私の

 

 

 

周りではあがり症の人でなくても趣味に没頭した
日々を送っている人がほとんどいません。

 

あがり症を改善するために何か打ち込むことを
見つけるというのは、自分の人生を充実させる
事をしていくというだけなんですね。

 

「あがり症改善=良い人生」

 

こういう事だと思います。少なくとも私はそのような
結果になりました。

 

これは私に限ってだからではなく、どんなあがり症の
人でも社会不安障害の人でも、同じです。
ですので私達のようなあがり症の方は

 

「あがり症改善=良い人生」

 

このために日々の生活で考えて、実行していけば
あがり症ではない人達よりも「明るい未来が待って
いることになるはずです!」

 

なぜかと言うと、あがり症などの大きな悩みを
持っていない人は自分を変えるという事に
なかなか踏み出すことができないからです。

 

きっかけがないから動けないということですね。
趣味を持たなければならないという事はあり
ませんが、

 

自分の人生において何かをやりたいと思ったら、
やるべきだと思います。

 

その何かがわからないで、いつまでも立ち止まって
しまっているのならば、なんでも いいからやって
みる事だと思います。

 

毎日ゴロゴロ寝ている人生に満足して
いるのならそれで良いのです。  

 

あなたはどうですか、

 


「今の人生に満足してますか?」

 

評論家を知ってますか?よく日曜日の朝など
にテレビで意見を述べているあのような人達です.

 

評論を職業とする人ですが、批評家とも言われて
るんですよね。

 

「あれはダメ、これはダメ」って批判することに
かけてはすごいですね。

 

「実は私も評論家だったんですよ」といより今でも
そうかもしれないです。

 

「私は趣味の評論家だったんですよ」

 

誰かに趣味がないならこれ面白いからやって
みればと言われても、

 

 

「それはお金がかかるからダメ」とか
「疲れるからダメ」とか
批判することに関しては天下一品でした。

 

「あなたはどうですか、私と同じ趣味の
評論家になっていませんか?」

 

もし、そうであればそんな自分を変えてみる
人生もありかもですね。

 

なんでもいいからやってみて、合わなければ
やめる、それを繰り返していけばいずれは
何かが見えてくると思います。

 

「やる事がないな〜と思って人生が終わっていくのと」
どちらがいいか。

 

「あがり症になったのも運命」と思って頑張りましょう! 

スポンサードリンク