スポンサードリンク

あがり症改善を妨げになる友人

私は人からどう見られているのか意識し過ぎる性格
ためにあがり症になってしまいました。

 

 

それも少年時代は症状を出すこともめったになかった
のですが、成人してからはだんだん自己評価が悪く

 

なっていき、そのせいであがり症の症状が
出てしまう時が多くなりました。

 

異性に関しては特にどう見られているのか気になって
しまいました、彼女もいない時がほとんどで

 

自分は女性にモテない、かっこよくないと思い込み
歩んできた人生についても友達は少なく自分は

 

最低レベルの人間ではないかと思うと
自己評価を自分で、どんどん下げていきました。

 

人の目を気にする性格⇒⇒自己評価が低い
⇒⇒あがり症悪化
このような負の連鎖におちいっていきました。

 

この精神的に不安定な時期に外部からも悪い圧力
を受けるようになりました。

 

それは何と一番仲の良かった友達でした。

 

世の中の20代と言えば、仲間でわいわい楽しく
遊んでいるのが目につきます。

 

自分はどうか、いつも独りじゃないかと落ち込んで
いきます。

 

誰でもいいので同年代の仲間が欲しいと思ってしまい
ます、一緒に遊んでくれる人がいたら多少の嫌味や
悪口などを言われての我慢して付き合う人が多いと
思います。

 

自分もそのような弱い人間でした、40代にもなれば
嫌な人間と付き合うくらいなら1人でいたほうがいい
と考えることもできますが、、、

 

私の中では唯一の親友と思っていた友達は、
私がデパートなどの女性が多い場で
緊張してしまい顔から汗をだらだらとかくのを見て、

 

かっこ悪いな〜」と言いました。

 

私も若さゆえに、たしかにかっこ悪いな、汗をかかな
いようにしなくてはと思っても自分があがり症だと
いうことにも気づいていないので、

 

対処法などについても考えたことなどもありません。

 

デパートなどに行く際は今日は緊張しないぞと
いきこんでいきますが、、、

 

また緊張して汗がでます、なんでだろうと悩みます。

 

汗をかく⇒⇒かっこ悪いと言われる⇒⇒
自分でも汗をかくのはかっこ悪いと思う

 

このような負のスパイラルを繰り返しました。

 

仕事場で毎日なるということではなく、たまの休日に
なるぐらいなので、時間がたつとまあいいやと
なってしまいます。

 

これが毎日だったらさすがにどうにかしたいと
危機感を覚えるのでしょうが、この自分でも

 

汗をかくのはかっこ悪いと思うことは、ゆっくりと
ですが私の心に擦り込まれていきました。

 

たとえば、そんなに美人ではない女性が毎日のように
周りから美人と言われ続ければ、自分は美人だと
思うようになりますよね、それと同じです。

 

汗をかくたびに、かっこ悪いと言われそれが何年も
続きました。

 

その間はカウンセリングなどはいっさい受けません
でした、相談できる人もいませんでした。

 

長い月日を経て私の心には、巨大なあがり症
社交不安障害が出来上がりました

 

今はその親友であった友人とは付き合っていま
せんが、そのことで彼を恨んではいません。

 

20代の若者に自分の発言で人の病気を悪化させる
ことを認識をさせるのは無理だからです。

 

私はこのような人生を送ってきたので、あがり症を
悪化させ病歴も長くなり治すまでも長い年月を
必要
としました。

 

あがり症を早く治すには少しでも
あがり症の病歴は短いほうが早く治せます

 

自分の症状を悪化させる友人ならば付き合わない
ほうが良いです。

 

 

私は思いました、、、そんな友人しかいないのなら、
あがり症に関して言えば独りでいたほうがいい!

スポンサードリンク