スポンサードリンク

あがり症を早く治すためには

あがり症はその病歴が長いほど治す時間が長く必要
になります。私の経験から言いますと、心療内科は
薬を処方する所です。

 

 

薬で症状を抑えて社会生活を送れるように手助けして
くれるのと話を聞いてくれるところです。

 

と言ってもたくさんの患者さんを抱えているために
ほとんどの心療内科は診察時間は5分もなかったりと
短く治すための良いアドバイスなど期待できません。

 

私が最後に通ってした心療内科の先生は、まだ良心的
でした、なぜかと言うと「薬を長く飲めば治りますか?」 

 

と聞いたのですが、、、
「ほとんどの人は治すことはできない」
はっきりと言ってくれたのです。

 

そして自力で治すことのできる人は、

 

治すことのできる人は、、人前でアガったりして
汗をかいても気にしないことのできる人でこれが

 

出来る人は、あがり症のひ人でも、
5人に1人とかしかいないと言っていました。

 

その他の人は薬で抑えてなんとか生活をしていくしか
ないと、ほとんどの心療内科は薬を飲み続ければ治
ると言って通院させようとするだけです。

 

これは非常に危険なことです!

 

患者さんは自分が病気だということと、心療内科に
長年に渡り通院しているという現実に直面し続ける

 

ので自分は病気だと心に擦り込まれてしまいます。
ただ薬を処方してもらいに行くだけで、
何にも心のケアはされません。

 

5分、10分程度の機械的な診察では、あがり症を
治すことなどできる訳はありません。

 

それだけに料金も高くないために一番しやすい
治療ではあります。

 

私の友人でも社交不安障害で長年、通院している
人がいますが彼は就職に就くことができません。

 

働いてもすぐに辞めてしまいます、自分は
社交不安障害
だという気持ちが強過ぎていつも
それを理由にしては辞めてしまうのです。

 

心療内科への長年の通院が一番の原因だと思います、
彼が言うには良く話を聞いてくれる良い先生というの
ですが、私には疑問に感じてしまいます。

 

少しでも早く、カウンセリングルームなどで
良い先生のいるところを見つけて通うことが、良いの

 

ですが優秀なカウンセラーを見つけるには時間とお金
を必要とするので、現実的には無理な人が多いと
思います。

 

私は、カウンセリング料金の安いところを探して車で
片道1時間以上もかけて県外まで通いましたが、
治すことはできませんでした。

 

カウンセラーの先生は自身はあがり症、対人恐怖症の
人ではないために机上の空論とまではいいませんが、

 

本当に治すことができるアドバイスはできなかったの
かなと思いますが、何も治療せずにいるよりはぜん
ぜん良かったのは間違いないです。

 

悪化の一途をたどっていた、あがり症対人恐怖症
がカウンセリングルームに通うことにより、症状が
改善に向かい始めたのは事実だと思います。

 

一番いいのは、自身もあがり症、対人恐怖症の
病歴のあるカウンセラーのいるところで治療する
ことだと思いますが、

 

今は昔に比べてインターネット等で情報がいくらでも
集められるので、当サイトやブログなどを参考にして
自分で治療することも可能です。

 

まずは、自分の症状についてしっかりと向き合い、
なぜ治したいのかを自分の心に投げかけて、
治す決意をすることです。

友人はあがり症を悪化させる?

私は人からどう見られているのか意識し過ぎる性格
ためにあがり症になってしまいました。

 

 

それも少年時代は症状を出すこともめったになかった
のですが、成人してからはだんだん自己評価が悪く

 

なっていき、そのせいであがり症の症状が
出てしまう時が多くなりました。

 

異性に関しては特にどう見られているのか気になって
しまいました、彼女もいない時がほとんどで

 

自分は女性にモテない、かっこよくないと思い込み
歩んできた人生についても友達は少なく自分は

 

最低レベルの人間ではないかと思うと
自己評価を自分で、どんどん下げていきました。

 

人の目を気にする性格⇒⇒自己評価が低い
⇒⇒あがり症悪化
このような負の連鎖におちいっていきました。

 

この精神的に不安定な時期に外部からも悪い圧力
を受けるようになりました。

 

それは何と一番仲の良かった友達でした。

 

世の中の20代と言えば、仲間でわいわい楽しく
遊んでいるのが目につきます。

 

自分はどうか、いつも独りじゃないかと落ち込んで
いきます。

 

誰でもいいので同年代の仲間が欲しいと思ってしまい
ます、一緒に遊んでくれる人がいたら多少の嫌味や
悪口などを言われての我慢して付き合う人が多いと
思います。

 

自分もそのような弱い人間でした、40代にもなれば
嫌な人間と付き合うくらいなら1人でいたほうがいい
と考えることもできますが、、、

 

私の中では唯一の親友と思っていた友達は、
私がデパートなどの女性が多い場で
緊張してしまい顔から汗をだらだらとかくのを見て、

 

かっこ悪いな〜」と言いました。

 

私も若さゆえに、たしかにかっこ悪いな、汗をかかな
いようにしなくてはと思っても自分があがり症だと
いうことにも気づいていないので、

 

対処法などについても考えたことなどもありません。

 

デパートなどに行く際は今日は緊張しないぞと
いきこんでいきますが、、、

 

また緊張して汗がでます、なんでだろうと悩みます。

 

汗をかく⇒⇒かっこ悪いと言われる⇒⇒
自分でも汗をかくのはかっこ悪いと思う

 

このような負のスパイラルを繰り返しました。

 

仕事場で毎日なるということではなく、たまの休日に
なるぐらいなので、時間がたつとまあいいやと
なってしまいます。

 

これが毎日だったらさすがにどうにかしたいと
危機感を覚えるのでしょうが、この自分でも

 

汗をかくのはかっこ悪いと思うことは、ゆっくりと
ですが私の心に擦り込まれていきました。

 

たとえば、そんなに美人ではない女性が毎日のように
周りから美人と言われ続ければ、自分は美人だと
思うようになりますよね、それと同じです。

 

汗をかくたびに、かっこ悪いと言われそれが何年も
続きました。

 

その間はカウンセリングなどはいっさい受けません
でした、相談できる人もいませんでした。

 

長い月日を経て私の心には、巨大なあがり症
社交不安障害が出来上がりました

 

今はその親友であった友人とは付き合っていま
せんが、そのことで彼を恨んではいません。

 

20代の若者に自分の発言で人の病気を悪化させる
ことを認識をさせるのは無理だからです。

 

私はこのような人生を送ってきたので、あがり症を
悪化させ病歴も長くなり治すまでも長い年月を
必要
としました。

 

あがり症を早く治すには少しでも
あがり症の病歴は短いほうが早く治せます

 

自分の症状を悪化させる友人ならば付き合わない
ほうが良いです。

 

 

私は思いました、、、そんな友人しかいないのなら、
あがり症に関して言えば独りでいたほうがいい!

自己評価を下げない

私は、自己評価が低いせいであがり症を悪化
させました。

 

では自己評価を下げないためには、どのような
ことを意識すれば良いのでしょうか。

 

  幸せを他人と比べない

 

私は、20代の頃はず〜と彼女ができませんでした、
街中できれいな女性を連れている男性を見ると
羨ましいなと思い、嫉妬しました。

 

彼女が欲しいという気持ちが強くそこに固執し過ぎ
ていました、だから美人の彼女のいる男性はなんて

 

幸せそうなんだろう!自分はなんてつまらない人生
を過ごしているのかと思い、自分は容姿が悪い、

 

友達も少ないし、いつも暇で家にばかりいる
と思い自己評価が低下していきました。

 

休日に彼女や友達と出かける⇒⇒幸せな生活

 

休日に家で一人で過ごす⇒⇒つまんない生活

 

こんなふうに世の中では思われています、本当に
そうでしょうか?

 

答えはNOです!

 

幸せはその人、その人の価値観であり、

 

世の中という物差しでは絶対に測れません!

 

でも現実はこの事を知らない人が多いです、
だから両親や周りの人達は

 

「家にばかりいてもつまらないでしょう」
と勝手に決めつけてしまいます。

 

幸せはいろいろな所に転がっています、それを
見つける
ことさえできればいいのです。

 

「今日はかきを食べたよとてもおいしかったよ」 

 

と思ったらこれを人に話すことができれば自己評価を
下げるということにはなりません。

 

「今日は一日、ゴロゴロしていたなつまんなかったな」

 

これを人に話すのを、、隠したいと思ったら自己評価
は低下していきます、できれば自分の中で夢中に
なれることをこつこつと見つける努力をしておいたほう
が良いです。

 

なんでもいいのです、家庭菜園でも花を育てるでもプ
ラモ作りでも自分がやりたい事をすればいいだけです。

 

それに対して笑ったり、批判してくる人は自分はつまら
ない人生を送っていると思っている人だけです。

 

本当に人生を心から楽しんでいる人は他の人のこと
など、どうでもいいと思っているので何も言って
こないです。

 

世の中には自分の人生に満足していない人だらけ
です変わったことなどをやっていると聞くと批判されて
しまいます、よほど信頼できて批判しない人以外
には言わないほうが良いです、自分さえ満足して
いればいいのです。

 

彼女が何年もできないという現実があったとしても、
他に幸せと思えることがあれば、

 

自己評価は低下しません。

 

   普通の人ができないことをする

 

自己評価は他人と評価してしまうので、自分の
周りの人、会社の同僚や友達のできないこと
すれば、自己評価が上がります。

 

でも、すごい美人の彼女を作るとかは、努力した
からできることではありません。

 

狙いは努力すればなんとかなる範囲で周りの
人ができないことをする!です。

 

やれるようになるまでは、すごい時間を擁するが
時間さえかければ凡人でも学歴がなくてもなんとか
できることです。

 

 努力で他の人より上にいくのです。 

 

この自己評価の上げ方はかなりの努力が必要
なので、お薦めはしません、でももう既に何年も

 

あがり症、対人恐怖症、社交不安障害などで
苦しんでいるのでしたら、この普通の人ができない
ことをするを始めることは病気を治すことに
つながるのでお薦めになります。

 

ではどんなことをするのか、これは自分で考えて
探すしかないのですが、今の自分で評価の低く
みてしまうところから探してみると良いです。

 

たとえば女性にもてずに、結婚できずに40歳に
なってしまっている人の場合、今の世の中には
40代で独身の男性はいっぱいいます。

 

私の会社にもたくさんいます、その中で結婚したら
同僚からは羨ましがられ、自分の中でも自己評価は
上がりますね。

 

この範囲なら十分に努力できるレベルだと思います、
努力のやり方がわからない場合ですが、

 

女性にもてるには、容姿を良くするなどありますが、
整形とかはできないです。

 

ではどうすれば、という風に考えていけば努力する
ことがわかってくると思います。

スポンサードリンク