スポンサードリンク

あがり症対策として行うべきこと

人前で話をしたりすることは、だれでも緊張するもの
で失敗することもたくさんあるものですが、、

 

 

あがり症の人は自分自身にプレッシャーをかけすぎて
より緊張をしてしまい、震えが止まらなくなったり、
顔が赤くなる・汗を多量にかくなどの症状が出たり、
声が出ない上手く話せずに声が震えるようになったりも
してしまいます。

 

あがり症対策にはリラックスすることが良く、その
ためには、深呼吸を行うことが有効です。深呼吸
はパニックに陥った時にも効果的で、早まってしま
った脈拍を正常に近づけ、何度も深呼吸を繰り
返せばそれだけ落ち着きを取り戻すことも早くなり
ます。

 

あがり症対策では、あまり考え過ぎない事も肝心
です。物事を行う場合には、事前にシュミレーション
を行っておくことは必要で、失敗しないためのイメー
ジトレーニングは行っておかないと、あがり
症の人は不安
になってしまいます。

 

しかし、こんな失敗をしたらどうしようとか、必ず成功
させないと行けないなどと、あがり症の人は極端に
思い詰めてしまうので、失敗の事を考えすぎずに、
事前準備では話の内容を復習したり、段取りを
さらう程度にしておくことが良いのです。

 

また、たくさんの成功を経験し自信を付けることも
大事です。不安要素が増えてしまうので、少しず
つ他人と話したり、人前で発表するあがり症だか
らと積極的な行動を控えてしまうと、経験数が少
ない分またなどの行動を取るようにしていきましょう

 

たくさん体験すれば、失敗した時の挽回の仕方も
身についてくるので、極度の緊張もしなくなって
来ます。

スポンサードリンク