スポンサードリンク

あがり症治し方の前提問題

自覚がない人もいますが、あがり症で悩んでいる
人はそう少なくありません。

 

 

緊張して自分の本来の力を出せないとか面接で
上手く自分をアピールできないからと悩んでいる
人は、どうすればその悩みを解決できるのか。
そのヒントになればと思い、知っていることを
書きます。

 

まず、あがり症のひとにほぼ共通しているのは、
緊張したらいけないと思っていることです。
しかし、人間は日常生活でも受験や試合の
ような重要な局面でも、適度な緊張があった方
が良い結果が出やすいという傾向があります。

 

逆に、どんな大舞台でも全く緊張しないという
人もいますが、それはあまりいいことではありま
せん。まず、緊張することは決して悪いことでは
なく、むしろよいことだということを確認して下さい

 

とはいえ、適度な緊張ではなく度が過ぎた緊張
をしてしまうと困っている人の対策も考えなけれ
ばなりません。

 

あがり症対策のポイントは、事前にできることは
しておくことです。例えば、面接ならば事前にどう
いうことを質問されるかを考え、それについての
答えをある程度用意しておくことです。

 

あがり症の人のほとんどが、自分がうまくいかない
のは緊張が激しいせいだと思っています。しかし、
緊張が激しいのではなく、事前の準備が不十分
だったり、そもそも仮に緊張していなくても結果は
同じだったりというパターンも少なくありません。

 

これを参考に自分なりの対処法を見つけ、
あがり症を克服して自分の目標を成功させましょう。

スポンサードリンク