スポンサードリンク

あがり症、対人恐怖症、社交不安障害の症状

 

     あがり症と言われる症状

 

 

1対1の会話などでは緊張することもなく、話せるが人数が多くなると緊張してしまう
などの人。

 

数人の人前で発言するなどでは、手や足が震える

 

数人の人前で発言するなどでは、考えをうまく言えず言葉が出ない

 

数人の人前で発言するなどでは、赤面するもしくは自分が赤面しているか気になる

 

数人の人前で発言するなどでは、汗がでる

 

数人の人前で発言するなどでは、自分が緊張していると思われてないか気になる

 

数人の人前で発言するなどでは、電話に出ると緊張する

 

他人の視線が気になる、他人から注目されてないかと常に感じてしまう

 

朝礼やスピーチが苦手に思ってしまう

 

 

 

   対人恐怖症と言われる症状

 

 

あがり症と同じような症状が多いが、初めて会う人や、会社の上司、取引先のお客さん
などの敬意ある相手に対して特別に苦手意識を持ってしまい、そのような相手との会話を

 

 

する際は、汗が出る、赤面する、震えるなどの症状が出ます。

 

 

お店の店員さんに声をかけられると汗が出たり、赤面する

 

銀行などの窓口にいくと、汗が出たり、赤面する

 

多人数の場所では、なぜか心臓がドキドキしてしまう

 

自宅でもどこでも、1対1でも慣れてない人と話すと緊張する

 

スーパーのレジに並ぶだけでも緊張する

 

 

   社交不安障害と言われる症状

 

 

以前は「社会不安障害」と言われてましたが、「社会不安」という言葉には誤解も多いことから
2008年に日本精神神経学会において、今よりも実態に近い表現の「社交不安障害」という

 

 

名称に変更されました、あがり症、対人恐怖症と言われ人の症状が社会生活にも影響を  
あたえるまでに進行してしまった症状を言います。

 

 

会社の面接にいく約束をしたが、会社を目の前にしていけなくなりキャンセルする
会社でも発表の業務ができない理由で会社を辞めてしまう

 

マクドナルドに行きたいが、注文するのが嫌と理由で行かないなど

 

結婚式の受付を頼まれたが断る

 

 

社交不安障害は簡単に言えば、やりたい事はあるが緊張、汗をかく、赤面などが原因で
やることができなくなってしますことです。

スポンサードリンク